激安通販
商品検索

※スペースで区切って複数の単語を指定できます。
サイト内検索

※スペースを含まない単一語を指定してください。
※前方一致検索です。

【親記事】
  +日本の国務大臣
  +経済産業省


 
 
通販 > 経済産業大臣


1  2  3
【経済産業大臣の関連商品】



競争力ある多参画社会―21世紀経済産業政策のビジョン
通商産業調査会, 2000-10, 178 ページ (単行本)
商品のサイズ:長さ 216 mm x 幅 152 mm x 高さ 20 mm
商品の重さ:440 グラム
編集:通商産業省大臣官房企画室
EAN:9784806526339
ISBN:4806526339
ASIN:4806526339




農業・食料関連産業の経済計算〈平成16年度〉


農業・食料関連産業の経済計算〈平成16年度〉
農林統計協会, 2007-05, 68 ページ (大型本)
商品のサイズ:長さ 292 mm x 幅 206 mm x 高さ 6 mm
商品の重さ:181 グラム
編集:農林水産省大臣官房情報課
EAN:9784541034816
ISBN:4541034816
ASIN:4541034816




工業統計表  産業編 <平成22年>


工業統計表 産業編 <平成22年>
経済産業調査会, 2012-08-29, 596 ページ (単行本)
言語:日本語
商品のサイズ:長さ 296 mm x 幅 210 mm x 高さ 32 mm
商品の重さ:1302 グラム
編集:経済産業省 大臣官房調査統計グループ
EAN:9784806518266
ISBN:4806518263
ASIN:4806518263




経済産業大臣指定伝統的工芸品 越後三条打刃物 平行作 青紙鋼 本職用 刈込鋏 210mm


経済産業大臣指定伝統的工芸品 越後三条打刃物 平行作 青紙鋼 本職用 刈込鋏 210mm
平木鋏製作所
現在の刃物造りの主流である複合材(あらかじめ鋼と母材が付いている材料)での大量生産ではなく、日本古来の伝統的技法である鋼付け(鋼と母材を1本の棒から鍛造すること)をした刃物を、1本1本鍛えることによって、より良い刃物を造ることに強いこだわりを持っています。越後三条打刃物は、鍛造(鍛接)、成型(火造り)、刃付け、研ぎ、焼入れ、焼戻し、狂い取り(歪取り)等多岐にわたっており、 それぞれの工程において同じ工房で一貫生産で仕上げております。真っ赤に熱した1本の鋼と母材から鋼付けした刃物には、大量生産では成し得ない、硬く引き締まった刃物へと生まれ変わります。日本の刃物鋼最高峰である安来青紙鋼2号を鋼に使用している鋏です。安来青紙鋼の特徴は、鍛造した際に鋼の組織が化学反応し、硬く粘りが出るため刃物の命である切れ味の持続性が増してきます。そのため、スッと鋏が樹木や花の茎に入っていく感覚があるので、軽い力では無理なく切れます。それが、多くの職人達が青紙鋼の鋏を使っている理由です。平 孝行(たいら たかゆき)・・・昭和27年生まれ  平木鋏製作所 二代目   中学卒業後、家業である鋏鍛冶に入る。父親である先代の下で鋼付けによる鋏の製造を一から習得する。 鋼付けにこだわる理由は、鍛え方が全然違うので、花や木を切った時のスッと入っていく柔らかさがある。 手造りのため、仕上げた製品はどれも微妙に違ってくるため、納得のできる物は中々できないと、未だに鍛錬している。
ASIN:B007IPBKRM




経済産業大臣指定伝統的工芸品 越後三条打刃物 平行作 青紙鋼 本職用 刃長大久保鋏 195mm


経済産業大臣指定伝統的工芸品 越後三条打刃物 平行作 青紙鋼 本職用 刃長大久保鋏 195mm
平木鋏製作所
現在の刃物造りの主流である複合材(あらかじめ鋼と母材が付いている材料)での大量生産ではなく、日本古来の伝統的技法である鋼付け(鋼と母材を1本の棒から鍛造すること)をした刃物を、1本1本鍛えることによって、より良い刃物を造ることに強いこだわりを持っています。越後三条打刃物は、鍛造(鍛接)、成型(火造り)、刃付け、研ぎ、焼入れ、焼戻し、狂い取り(歪取り)等多岐にわたっており、 それぞれの工程において同じ工房で一貫生産で仕上げております。真っ赤に熱した1本の鋼と母材から鋼付けした刃物には、大量生産では成し得ない、硬く引き締まった刃物へと生まれ変わります。日本の刃物鋼最高峰である安来青紙鋼2号を鋼に使用している鋏です。安来青紙鋼の特徴は、鍛造した際に鋼の組織が化学反応し、硬く粘りが出るため刃物の命である切れ味の持続性が増してきます。そのため、スッと鋏が樹木や花の茎に入っていく感覚があるので、軽い力では無理なく切れます。それが、多くの職人達が青紙鋼の鋏を使っている理由です。平 孝行(たいら たかゆき)・・・昭和27年生まれ  平木鋏製作所 二代目   中学卒業後、家業である鋏鍛冶に入る。父親である先代の下で鋼付けによる鋏の製造を一から習得する。 鋼付けにこだわる理由は、鍛え方が全然違うので、花や木を切った時のスッと入っていく柔らかさがある。 手造りのため、仕上げた製品はどれも微妙に違ってくるため、納得のできる物は中々できないと、未だに鍛錬している。
ASIN:B007IPBKH2




経済産業大臣指定伝統的工芸品 越後三条打刃物 平行作 青紙鋼 本職用 門型刈込鋏 210mm


経済産業大臣指定伝統的工芸品 越後三条打刃物 平行作 青紙鋼 本職用 門型刈込鋏 210mm
平木鋏製作所
現在の刃物造りの主流である複合材(あらかじめ鋼と母材が付いている材料)での大量生産ではなく、日本古来の伝統的技法である鋼付け(鋼と母材を1本の棒から鍛造すること)をした刃物を、1本1本鍛えることによって、より良い刃物を造ることに強いこだわりを持っています。越後三条打刃物は、鍛造(鍛接)、成型(火造り)、刃付け、研ぎ、焼入れ、焼戻し、狂い取り(歪取り)等多岐にわたっており、 それぞれの工程において同じ工房で一貫生産で仕上げております。真っ赤に熱した1本の鋼と母材から鋼付けした刃物には、大量生産では成し得ない、硬く引き締まった刃物へと生まれ変わります。日本の刃物鋼最高峰である安来青紙鋼2号を鋼に使用している鋏です。安来青紙鋼の特徴は、鍛造した際に鋼の組織が化学反応し、硬く粘りが出るため刃物の命である切れ味の持続性が増してきます。そのため、スッと鋏が樹木や花の茎に入っていく感覚があるので、軽い力では無理なく切れます。それが、多くの職人達が青紙鋼の鋏を使っている理由です。平 孝行(たいら たかゆき)・・・昭和27年生まれ  平木鋏製作所 二代目   中学卒業後、家業である鋏鍛冶に入る。父親である先代の下で鋼付けによる鋏の製造を一から習得する。 鋼付けにこだわる理由は、鍛え方が全然違うので、花や木を切った時のスッと入っていく柔らかさがある。 手造りのため、仕上げた製品はどれも微妙に違ってくるため、納得のできる物は中々できないと、未だに鍛錬している。
ASIN:B007IPBKZO




経済産業大臣指定伝統的工芸品 越後三条打刃物 平行作 青紙鋼 本職用 大久保鋏 190mm


経済産業大臣指定伝統的工芸品 越後三条打刃物 平行作 青紙鋼 本職用 大久保鋏 190mm
平木鋏製作所
現在の刃物造りの主流である複合材(あらかじめ鋼と母材が付いている材料)での大量生産ではなく、日本古来の伝統的技法である鋼付け(鋼と母材を1本の棒から鍛造すること)をした刃物を、1本1本鍛えることによって、より良い刃物を造ることに強いこだわりを持っています。越後三条打刃物は、鍛造(鍛接)、成型(火造り)、刃付け、研ぎ、焼入れ、焼戻し、狂い取り(歪取り)等多岐にわたっており、 それぞれの工程において同じ工房で一貫生産で仕上げております。真っ赤に熱した1本の鋼と母材から鋼付けした刃物には、大量生産では成し得ない、硬く引き締まった刃物へと生まれ変わります。日本の刃物鋼最高峰である安来青紙鋼2号を鋼に使用している鋏です。安来青紙鋼の特徴は、鍛造した際に鋼の組織が化学反応し、硬く粘りが出るため刃物の命である切れ味の持続性が増してきます。そのため、スッと鋏が樹木や花の茎に入っていく感覚があるので、軽い力では無理なく切れます。それが、多くの職人達が青紙鋼の鋏を使っている理由です。平 孝行(たいら たかゆき)・・・昭和27年生まれ  平木鋏製作所 二代目   中学卒業後、家業である鋏鍛冶に入る。父親である先代の下で鋼付けによる鋏の製造を一から習得する。 鋼付けにこだわる理由は、鍛え方が全然違うので、花や木を切った時のスッと入っていく柔らかさがある。 手造りのため、仕上げた製品はどれも微妙に違ってくるため、納得のできる物は中々できないと、未だに鍛錬している。
ASIN:B007IPBKCM




経済産業大臣指定伝統的工芸品 越後三条打刃物 平行作 青紙鋼 本職用 池ノ坊 165mm


経済産業大臣指定伝統的工芸品 越後三条打刃物 平行作 青紙鋼 本職用 池ノ坊 165mm
平木鋏製作所
現在の刃物造りの主流である複合材(あらかじめ鋼と母材が付いている材料)での大量生産ではなく、日本古来の伝統的技法である鋼付け(鋼と母材を1本の棒から鍛造すること)をした刃物を、1本1本鍛えることによって、より良い刃物を造ることに強いこだわりを持っています。越後三条打刃物は、鍛造(鍛接)、成型(火造り)、刃付け、研ぎ、焼入れ、焼戻し、狂い取り(歪取り)等多岐にわたっており、 それぞれの工程において同じ工房で一貫生産で仕上げております。真っ赤に熱した1本の鋼と母材から鋼付けした刃物には、大量生産では成し得ない、硬く引き締まった刃物へと生まれ変わります。日本の刃物鋼最高峰である安来青紙鋼2号を鋼に使用している鋏です。安来青紙鋼の特徴は、鍛造した際に鋼の組織が化学反応し、硬く粘りが出るため刃物の命である切れ味の持続性が増してきます。そのため、スッと鋏が樹木や花の茎に入っていく感覚があるので、軽い力では無理なく切れます。それが、多くの職人達が青紙鋼の鋏を使っている理由です。平 孝行(たいら たかゆき)・・・昭和27年生まれ  平木鋏製作所 二代目   中学卒業後、家業である鋏鍛冶に入る。父親である先代の下で鋼付けによる鋏の製造を一から習得する。 鋼付けにこだわる理由は、鍛え方が全然違うので、花や木を切った時のスッと入っていく柔らかさがある。 手造りのため、仕上げた製品はどれも微妙に違ってくるため、納得のできる物は中々できないと、未だに鍛錬している。
ASIN:B007IPBKO0




日中国際産業連関表〈平成19年〉


日中国際産業連関表〈平成19年〉
経済産業調査会, 2012-09-25, 433 ページ (単行本)
言語:日本語
編集:経済産業省大臣官房調査統計グループ
EAN:9784806518280
ISBN:480651828X
ASIN:480651828X




経済産業省関係公益法人便覧〈2001年版〉


経済産業省関係公益法人便覧〈2001年版〉
経済産業調査会, 2001-12-20, 570 ページ (単行本)
監修:経済産業省大臣官房政策評価広報課
EAN:9784806516392
ISBN:4806516392
ASIN:4806516392



1  2  3
【関連記事】
  ジョブカフェ  中小企業庁  企業価値研究会  原子力安全・保安院  日本工業標準調査会  経済産業省  経済産業研修所  資源エネルギー庁

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)
and/or GNU Free Documentation License (GFDL).



Copyright(C) by Real Integrity Co., Ltd. 2012 All right reserved.